クロレラ
クロレラ商品紹介
クロレラ注文

グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン
グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン注文

コエンザイムQ10
コエンザイムQ10注文

ホームへもどる

  ▲上へもどる

  ▲上へもどる

  ▲上へもどる

  ▲上へもどる
ハイ・ベックS 基本の洗い方

つけ込み洗いの場合
シミ(ひどい汚れ)を抜く
まず汚れのひどい部分にをたっぷり含ませ、そこをハイ・ベックの原液をつけた専用ブラシで一定方向(例えば肩口から袖口に向かって等)にこすってよごれを落とします。
 ブラシ方向は一定
ハイ・ベックS液をつくる
洗濯機に水を入れます。(お湯は使わないでください)
水30リットルに対し10g(スプーン約1杯)を目安としてハイ・ベック ゼロ ドライを入れ、10秒程洗濯機を回し、液をよく溶かしてください。
 水30リットル = スプーン約1杯
S液につけ込む(10〜15分)
衣類は出来るだけ、きれいにたたんでから(タンスに収納する時のように)溶液の中に5〜10分位つけ込みます。(洗濯機は回転させません)水の中で衣類が泳ぐ程度の枚数が適当です。
つけ込んだらいじらない(押したり、揉んだりしない)のがコツです。
 最後の脱水までたたんだままにしておきます
軽く脱水(1回目)
すすぎの前に一度脱水します。
脱水機が
本回転(回転音が静かになります)になって5秒程度で衣類を取り出してください。この時も衣類はたたんだままです。
過剰脱水は脱水ジワの原因となるのでご注意ください。
 脱水5秒程度
すすぎ
洗濯機に新しい水を入れ、衣類をたたんだまま、水の中をくぐらせる程度のすすぎを行います。
但し、衣類の間に残った汚れた液は、丁寧にほぐしてすすいでください。
 水の中にくぐらせる
2回目の脱水
一回目(4)の脱水と同じ要領です。
過剰脱水は脱水ジワの原因になります。
などのシワになり易いデリケートな衣類は、脱水機本回転になる少し手前で止めてください。
※仕上げ剤を使わない場合は、行程10の「干し方」へすすむ。
 脱水5秒程度


全自動 ・ 二層式洗濯機どちらでもOK!
説明上、上記の洗濯機の写真は全自動ですが二層式でも問題ありません。


ここからは、ハリ、ツヤ、コシなどを出す「仕上げ剤の使い方」です。

仕上げ剤(E液)をつくる
水10リットルに対し、15〜45gの衣類のコーティング仕上げ剤ハイ・ベック ゼロ 仕上げ剤を入れ、よく溶かします。衣類の種類やお好みによって濃度を変えれば更に効果的!
 水10リットル = 15〜45g

ハイ・ベック ゼロ 仕上げ剤(水10リットルに対して)の使用量と仕上げ感の目安
しなやか仕上げ
15g(スプーン約1杯)
ハリのある仕上げ
30g(スプーン約2杯)
シャッキッと仕上げ
45g(スプーン約3杯)
 ・シルク製品
 ・ニット
 ・ブラウス 等
 ・ウール製品
 ・スーツ
 ・学生服 等
 ・麻製品
 ・Yシャツ 等
仕上げ剤につけ込む(1分程度)
衣類全体に仕上げ剤がゆきわたる様に衣類を1分程度つけ込みます。
液は乳白色ですが乾くと透明になります。
何度でもご使用になれます。
3回目の脱水
一回目(4)、二回目(6)と同じ要領で、本回転になって約5秒程度で充分です。
 脱水5秒程度
形を整えて陰干しする
小ジワは両手ではさんで、たたいてください。
シワを伸ばしてボディハンガーに掛けて置けば、アイロン掛けが少しですみます。きれいに仕上がります。
 できあがり!


ご家庭でお気に入りの衣類を洗って、ハンガーに干していたら伸びてしまった!…などと言う経験をされた方も多いハズ…。これは洗濯した衣類の重みが原因…と同時に“干し方”とその道具選びに問題があったからなのです。そこでサンワードは、干し方を科学して“ボディーハンガー”を開発しました。これさえあれば“型くずれ”や“伸び”などの悩みも一気に解消。

お洗濯トラブル対処法
  万一、お洗濯中にトラブルが発生しても大丈夫。あわてず対処してください。
●洗濯中に色落ちした場合








●洗濯中に色移りした場合
色落ちした衣類、色落ちしやすい衣類(紺・赤・青・茶色系等の濃い色のもの)は早目に取り出し、最後の脱水を強めにしてください。 色を移された方の衣類を取り出し、脱水しないで新しい水の中で広げながら丁寧にすすいでください。これで色移りした色は落ちます。
・端で試し洗いをしてみる。 ・色柄物は別に洗う。
・脱水時に色物と一緒にしない。


もどる
  ▲上へもどる